情報公開・個人情報保護

1. 情報公開制度

住民の知る権利を尊重し、情報公開を総合的に推進するための制度です。
 どなたでも、情報公開条例に基づき、広域連合に対し広域連合が保有する公文書の開示を請求することができます。
 請求の際は、3.請求様式をご利用ください。

2. 個人情報保護制度

個人情報の取扱いに関し、個人の権利利益を保護するための制度です。
 個人情報を含む公文書について、当該個人情報に係る本人(又は法定代理人)のみが開示、訂正、利用停止の請求をすることができます。
 請求の際は、3.請求様式をご利用ください。

3. 請求様式

<特定個人情報保護評価書>

特定個人情報保護評価とは、特定個人情報ファイルを保有する本広域連合が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

情報公開・個人情報保護に関する手続きのイメージ

4. 情報公開・個人情報保護審査会

  • 窓口負担割合の見直し(2割負担施行)
  • 新型コロナウイルス関連情報
  • 保険料試算保険料試算
  • 健康診査
  • 歯科健診
  • 第三者行為
  • 医療費通知
  • パンフレット等
  • 申請書ダウンロード
  • お近くの市町村(市区町村担当課一覧)
  • 市町村専用

PAGE TOP

Copyright(C)福岡県後期高齢者医療広域連合 All Rights Reserved.